リバイブラッシュの成分「キャピキシル」をもっと詳しく

リバイブラッシュの成分のひとつに「キャピキシル」というものがありますが、美容成分としてはあまり聞きなれないですよね。

キャピキシルについてネットで検索してみると、“育毛剤”とか“AGA(男性型脱毛)”というキーワードがたくさん出てきます。

こうして考えると、どちらかというと男性の方がなじみ深い成分であるように思えますが、一体キャピキシルとはどんな成分なのか、リバイブラッシュの成分としてのキャピキシルには、どんな効果があるのかを調べてみました。

キャピキシルには通常の3倍の育毛効果!?

キャピキシルは育毛剤に深い関係があるということですが、これまで育毛効果のある成分として有名だったのは“ミノキシジル”という成分でした。

しかし、カナダの化粧品会社がキャピキシルを開発したところ、なんとミノキシジルの3倍もの育毛効果が得られるという事実が判明したんです。

それに加えて、キャピキシルは天然植物から取れた成分を基本としているので、医薬品であるミノキシジルとは違って使用量に制限がないという点でも有利です。

 

キャピキシルの元となっているのは“アカツメクサ花エキス”“アセチルテトラペプチド3”という2つの成分です。

レッドクローバーとも呼ばれるアカツメクサは、脱毛に関係する男性ホルモンを阻害する効果があるとして、薬用ハーブとしても活用されてきました。

また、アセチルテトラペプチド3は壊れた細胞を修復する力を持つアミノ酸(たんぱく質)で、傷の修復や切断された手足の治療にも使われてきた歴史を持っています。

これら2つのはたらきが合わさることで、『毛が抜けるのを防ぐ』ことと、『弱くなった毛根の細胞を再生する』という作用ができあがり、高い育毛効果がもたらされる…というわけなのです。

まつ毛育成にも役立ちます

リバイブラッシュとまつ毛育成

リバイブラッシュの主成分としてキャピキシルが配合されていますが、これによってまつ毛を強く育てることに繋がります。

まつ毛も他の体毛と同じように抜けては生えるというサイクルを繰り返していますが、抜けるスピードが早かったり、生えてくるまつ毛が細くて弱いと目力が弱くなる原因に。

そこにキャピキシルを与えてあげることで、まつ毛が抜けにくい状態へ変化させてくれます。

まつ毛が抜ける原因は様々ですが、そのひとつにホルモンのバランスがあり、キャピキシルはそのホルモンを抑えるのに役立つのです。

 

また、新しいまつ毛を生やすには“毛母細胞”が盛んに働かないといけません。

毛母細胞は字の通り毛の根元にあるお母さん細胞のことで、細胞分裂を促すことによって毛が成長していきます。

キャピキシルは毛母細胞を活性化させて、まつ毛が生えやすい環境を整えてくれるのです。

リバイブラッシュにはキャピキシルが配合限界濃度である5%分、たっぷりと配合されています。

 

元々は、男性の強い脱毛ホルモンにも負けないほどの強力な効果が期待できる成分なので、女性のまつ毛の悩みにも期待が持てますね。

今あるまつ毛を美しく保つことや、ハリやコシを与えることはもちろんですが、まつ毛を抜けにくくして新しく育てるという、このサイクルを整えること。

これが、キャピキシルに、そしてリバイブラッシュに期待できる大きな効果なのです。

 

>>【リバイブラッシュ女王】 TOPへ

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ