アイメイクを工夫して、目を大きく見せるには?

 

アイメイクを工夫

顔の印象を大きく変えてしまうアイメイク。

できるだけ工夫して目を大きく見せるようにしたいですね。

初対面の時の印象は数秒で決まると言われていますが、その数秒のうちで一番影響力を持つのがやっぱり目ですよね。

目を大きく見せるアイメイクの工夫について、ちょっとまとめておきます。

 

 

■マッサージ

目を大きく見せるためにまずやっておきたいのが目元のマッサージです。

まぶたをすっきりさせることで、アイシャドーの効果も違ってきます。

効果的なのが、人差し指で目頭→目尻となぞっていくマッサージ。

できればマッサージクリームを使っておきたいところです。

まぶたにたまった余計な水分や脂肪を流すイメージで、
1.10回ほど強めになぞる
2.こめかみの方に持ってきて下に流す

こんな感じでやってみましょう。

それなりに力もかかりますし、まぶたは摩擦で茶クマでできてしまうこともあるので、できるだけマッサージクリームを使いましょう。

 

■アイシャドー

まぶたがすっきりしたら、アイメイクの要、アイシャドーです。

アイシャドーを使うときは、目から離れるにしたがって色味が薄くなるように、グラデーションをつけていくと、立体感がでて堀の深い目元のイメージを作ることができます。

 

■まつ毛

それと、アイメイクで目を大きく見せるなら、絶対に欠かせないのが長くてフサフサのまつ毛

まつ毛が長いほど、視覚効果で目を大きく見せることができます。

今の時点でまつ毛が短いなら、まつエクやつけまで長さを確保することも大事です。

自まつ毛が短いとマスカラを使っても効果が薄いので、そういう場合はまずまつエクを検討するのがいいですね。

ただし、まつエクやつけまはまつ毛に負担をかけてしまうので、長く使っていると自まつ毛が短くなってしまったり、少なくなってしまったりします。

それを防ぎながら、最終的に長くてフサフサの自まつ毛を手に入れるためにも、まつ毛美容液をしっかりと使っていきましょう。

医薬品の副作用を利用していた頃と違い、今のまつ毛美容液は成分的にも安全で、長く使っても色素沈着などの副作用の心配がないので、まつエクでフサフサまつ毛を確保しながら、じっくりと自まつ毛を育てていくことができますよ。

 

>>人気のリバイブラッシュとリバイタラッシュを比較してみた

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ