リバイブラッシュとマツエク、まつ毛パーマは併用しても大丈夫?

マツエクやまつ毛パーマを行っているという方は、リバイブラッシュを使っても問題ないのか気になるところですよね。

まつ毛エクステは接着剤でまつ毛を植毛しているので、美容液によって抜けやすくなったりしないのか気になりますし、まつ毛パーマの場合はパーマの持続力に影響がないのか心配になります。

そうした施術を長く受けているという方は、リバイブラッシュとマツエク・まつ毛パーマとの併用は可能なのか、こちらで確認しておきましょう。

 

リバイブラッシュは併用OK

リバイブラッシュとマツエク、まつ毛パーマの併用は可能であるということは、ユーザーへの回答としても掲載されていました。

マツエクと併用

まつ毛パーマと併用

ただし、マツエクの接着剤の種類によっては美容液の成分で取れやすくなるなどの影響も考えられるため、エクステをしてくれるサロンなどに確認してみるのがオススメです。

リバイブラッシュをこれらの施術と併用している方からの声でも、

「自まつ毛が伸びるから、マツエクのなじみが良くなった。」

「マツエクを続けていて、減ってしまった自分のまつ毛が増えて嬉しい。」

などの喜びが寄せられています。

また、まつ毛パーマの場合は、自分のまつ毛にカールのクセを付けるため、自まつ毛がしっかりしていた方が目元が映えるのは一目瞭然です。

このように、リバイブラッシュとマツエクやまつ毛パーマを併用することで、より目力をアップさせたり、傷んでしまうまつ毛のケアを同時に進めていくことができるなどのメリットがあります。

 

まつ毛への負担も考慮して

マツエクやまつ毛パーマは、つけまつげやマスカラでのメイクに代わって効果的に目元の印象をアップさせることができる方法として根付いてきました。

しかし、やはりデメリットとして挙げられるのがまつ毛への負担です。

まず、マツエクの接着剤による目そのものへの影響や、抜けた毛が目に入ることでのトラブルがあります。

まつ毛パーマの場合は、髪の毛へのパーマと同じく自分の毛に対してカールのクセを強く残すために、パーマ液を使うためまつ毛に大きな負担がかかります。

パーマ後の髪の毛がパサついたりゴワゴワしがちなように、まつ毛にも同じような影響が出ていると考えてみてください。

こうした影響をリバイブラッシュを併用することによって軽減していくことは可能ですが、そうしている間でもまつ毛が減ってしまったり、新しいまつ毛が生えてくるという段階まで状態が改善していかないこともあります。

その原因は
『美容液の育毛成分や保湿成分が行き届く以前に、毛根や毛がダメージを受けすぎているから』

そんな時は、一時的にマツエクやまつ毛パーマなどの施術を止めて、リバイブラッシュでのまつ毛ケアに尽力するのが推奨されます。

まずは自分自身のまつ毛を育てるところからやり直して、それからまたサロンへ行くようにしましょう。

リバイブラッシュを使っているうちに、マツエクやパーマが必要無くなればそれも嬉しいことですし、コストの面でもかなり助かります。

外から負担をかけてしまうまつ毛の増毛よりも、まずは『まつ毛育成=まつ育』を行うことを第一ステップにしてみませんか。

>>リバイブラッシュとマツエク、初心者にオススメなのは?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ