まつ毛貧毛症はクリニックで治療すれば改善できるんです!

まつ毛貧毛症かも!?と思ったらまずはクリニックへ行って、適切な治療について話を聞いてみることが先決です。

その場合は、どのクリニックで対応してくれるのかや、どんな治療を行っていくのかを知っておくと、安心してまつ毛貧毛症と向き合うことができるのでしっかりチェックしておきましょう。

では、自宅ケアだけでは行き届かないクリニックでの治療と、まつ毛に関する生活指導など詳しくご紹介しています。

>>まつ毛貧毛症は何かに行けば良いの?保険は?

まつ毛貧毛症を疑ったらすること

自分のまつ毛が少ない、細い、短い…こんな症状が気になった時には、まずはセルフチェックをしてみましょう。

  • まつ毛が不足していると思う
  • まつ毛が短いと思う
  • まつ毛が細くてボリューム感がないと思う
  • まつ毛が薄いのではないかと思う

このチェック項目に当てはまったら、まつ毛貧毛症の疑いがあるのでクリニックへ足を運ぶことを考えます。

しかし、まつ毛貧毛症の治療を受けたいときには、しっかりと専門的な知識をもった医師がいるところを選ばなければなりません。

皮膚科や美容外科などであっても、まつ毛について専門的に治療ができるかどうかはわからないので、住んでいる地域のクリニックを検索するシステムを使って、どこで相談できるか・治療できるかをあらかじめ吟味しておきます。

行きたいクリニックを決めたら予約受付をし、まつ毛貧毛症で悩んでいることを簡単に伝えておくとスムーズです。

実際に治療の場面となったら、気になる症状や悩みをできるだけ具体的に話すようにします。

医師と面と向かうと話したいことを忘れたり、つい話し忘れてしまうことがあるという方は、メモに整理して治療に向かうのがオススメです。

その後、医師によってまつ毛貧毛症であると診断された場合には、生活指導やケアの仕方、必要であれば薬の処方や植毛についての説明を受けることになります。

 

治療はどんなことをするの?

まつ毛貧毛症のクリニックでの治療方法には、様々な方法が取られています。

生活指導

髪の毛の育毛で病院へ行った時と同じように、生活習慣についての指導を受けることになります。

睡眠不足、栄養の偏り、仕事などから受けるストレスなどの解決方法をカウンセリングしてもらうことができ、問題点に気づくのと同時にまつ毛を健康な状態へ近づける第一歩となります。

自宅ケアの指導

メイク落としやメイクの方法、まつ毛に対する不要な刺激を与えていないかどうかについて、日々のケア方法を見直す指導を受けることができます。

これによって、メイクアイテムやクレンジングアイテムを見直したり、まつ毛エクステやつけまつげと言った隠れた原因を見つけることも可能です。

疾患の確認

目に見える原因がない時には、アトピー性皮膚炎やホルモンのバランスについて調べていきます。

このとき必要なのは、あらかじめそういった疾患を持っていないかどうかや、気になる体の症状がないかを自分がチェックしておくことです。

少しでも気になるところがあれば伝え忘れないようにしましょう。

まつ毛そのものへの処置

発毛には毛母細胞という毛の元となる細胞が必要ですが、この細胞が残っているのであれば発毛の薬を処方して様子を見ていきます。

逆に、生まれつきまつ毛が少なかったり、病気の影響などで毛の元が失われて発毛に期待できない状態のときは、植毛を行ってまつ毛を直接増やす治療を受けることができます。

 

まつ毛貧毛症のクリニックでの治療は簡単にできることのように思えますが、一朝一夕では解決しません。

カウンセリングはもちろん、薬での治療や植毛治療でも、ある程度の期間を経て徐々に治していくのだということを忘れないようにしたいですね。

>>「リバイブラッシュ女王」TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ