まつげ育毛剤で緑内障治療薬成分使用のものにはご注意を

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤、混同されがちですが中身は結構違います。

まつ毛美容液は、まつ毛の毛母細胞に働きかけ量を増やしたり、長さを伸ばしたり、
まつ毛を健康的にしていく効果が期待できるものです。

最近だとリバイブラッシュが人気ですね。

一方でまつ毛育毛剤は目指す効果こそ変わらないものの、
その成分が大きく異なり、

緑内障治療薬の有効成分を利用していることが多いです。

一時期大ヒットしたルミガンなどがこれにあたります。

ビマトプロストという緑内障の治療に使われる有効成分は、その副作用として
まつ毛が伸びる、増えるという作用もあります。

これを利用しているのがまつ毛美容液ですね。

医薬品に使われる成分なので、確かに効果のほどは確か。

一時的にでもいいから絶対にまつ毛を増やしたい、という方は
まつ毛育毛剤を選ぶこともできます。

ただし、このビマトプロストという成分は、もともと緑内障の治療を目的としたものなので、
まつ毛を育成するために長期間使用することは想定されていません。

長期間まつ毛育毛剤として使用した場合、副作用のリスクがつきまといます。

わかりやすいものだと、目の充血や色素沈着、まぶたがかぶれてしまう、などがあります。

また長期間使用することでまぶたが薄くなり、垂れ下がってしまう恐れもあるとか……

本来お医者さんに処方してもらう薬になるんですが、
個人輸入でも簡単に手に入ってしまうので、便利な半面危険ですよね。

目元の印象を良くするためにまつ毛を育成するのに、
その副作用でかえって目元が暗くなってしまった、なんてことがないようにしましょう。

一方でまつ毛美容液ですが、こちらは主にペプチドがまつ毛にアプローチする成分になります。

毛母細胞を活発化させる作用などでまつ毛の育成を助けてくれますが、
ペプチドはアミノ酸が特殊な結合をしたもの、
アミノ酸とタンパク質の間にあるような存在です。

医薬成分と違い、長期的に使っても重大な問題は起こらない分、
人によっては効果を感じることができるまで期間がかかってしまいます。

それでも、まつ毛美容液のリバイブラッシュの口コミをチェックしてみると、
1ヶ月もすれば効果が実感できているみたいなので、
それほど問題にはなりませんね。

目元に使うものだけに、効果の高さだけでなく安全性も考えて、
まつ毛美容液とまつ毛育毛剤を検討していきたいですね。

 >>まつ毛を健康に!リバイブラッシュの公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ