まつ毛の毛周期で伸びるタイミングをしっかり把握しよう

まつ毛は毛周期によって伸びるタイミングというものが存在していますし、逆に抜ける時期というのもあります。

この毛周期に合わせてまつ毛美容液を使ったり、まつ毛のケアを重点的に行うことで、抜ける数を軽減させたり、これから生えるまつ毛をより丈夫にすることだって夢ではありません。

髪の毛にも同じことが言えますが、まつ毛の毛周期を知っておくことで育毛がすごく楽になるので、しっかり学んでおきましょう。

 

まつ毛のサイクル

頭髪の場合は年単位での毛周期なのですが、まつ毛の場合は一般的には30日~100日間とされていて、人によってとても幅が大きく、体に生える毛の中でも相当短い周期で抜ける・生えるのサイクルを繰り返しています。

まつ毛の毛周期は以下のような分類があります。

成長初期

毛穴がある皮膚の中で、毛の元となる部分が成長を始めていきます。

弱々しい毛の赤ちゃんが太く強く成長する段階なので、目元に刺激があった場合などには毛の成長が妨げられて、その後のまつ毛が弱いままに生えてきてしまう恐れがあります。

成長期

毛の赤ちゃんが皮膚の表面に生えてきて、どんどん長さと太さを増していく期間です。

生え始めの短い段階ですが、まつ毛美容液を使ったり保湿をしてあげれば、その後のまつ毛の伸び方や成長の強さが変わってきます

退行期

まつ毛が成長しきってこれ以上伸びることをやめ、毛根の中にある「毛母細胞」が消えてなくなります。

この時期のまつ毛は伸びきって一番長くなっていて、目を外的刺激から守るという役割をしっかりと果たしてくれます。

休止期

成長が止まったまつ毛が抜けていき、その後次の毛が生えてくるための準備が始まります。

この時期は特に目の周りを清潔に保って、次に生えてくるまつ毛の成長をしっかり待っておきたい時間です。

 

まつ毛ケアは習慣づけが大切

まつ毛の毛周期によって伸びる時期と抜ける時期とがあるので、そこに適したケアをしてあげることが一番まつ毛の育成には効率的です。

しかし、毛周期は生えているまつ毛が全て同じというわけではないので、一気に抜けて一気に生える…ということではありません。

そのため、『今は抜けているから目を清潔にしなきゃ』とか『生え始めだから美容液を積極的に使わなきゃ』と一概に判断できるものではないのです。

大切なことは、ケアを毎日続けていくこと。

例えば、成長初期の場合はこれからまつ毛が表面に出てくる準備となるため、マツエクなどをすると生えるのを妨害してしまうのであまりオススメできません。

しかし、どの部分が成長初期であるかなんて見た目には解らないので、マツエクをした後のケアを重点的に行ってあげましょう。

マツエクをしていても美容液で保湿をしてあげる、マツエクの接着部分にメイク汚れが溜まらないように気を付けるなど、日ごろからできるケアを続けていくだけで良いのです。

どのまつ毛が成長期で退行期で休止期で…なんて解らないのが普通なのですから、

  • 汚れをしっかり落として清潔に保つ
  • 美容液をつけ忘れないようにする
  • 擦る、圧迫するなどの刺激を与えないようにする
  • 合わないメイク用品を使わない

など、基本的なポイントを重視していきましょう。

その基本のケアを続けていれば、自ずと毛周期で伸びる時期に当たるまつ毛にもケアが行き届いて、強くて抜けにくい理想のまつ毛に近づけますよ。

>>まつ毛美容液の効果がない原因は?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ