まつ毛美容液が効果ないのは『汚れ』が原因かも

まつ毛美容液を使ってまつ毛を長く、密度を濃くしたいと思っていても、イマイチ効果ないなあ…と感じている人も多いのではないでしょうか?

そんな時は、まつ毛美容液を使う前に、目の周りの汚れに注目してみてください。

まつ毛美容液が効果ないと感じた時は、自分の目の周りは汚れていないのか、また汚れが溜まってしまうような習慣をそのままにしていないかをチェックしてみましょう。

 

まつ毛美容液って効果ないの?

まつ毛美容液は、マスカラと同じようなコーム型やリップグロスのようなスポンジチップ型など形は様々で、まつ毛の根本を中心に塗り込んで使います。

塗る頻度は朝と夜とで2回が一般的ですが、商品によって少しずつ異なっています。

ポイントは、使い方を間違えないことや、ケチケチして少ない量で続けていこうとしないこと。

化粧水や乳液と同じで、適切な量で使って行かなければ期待したほどの効果は得られません。

もしも、まつ毛美容液を使っていても効果を感じられないという人は、使うのをそこで諦めるのではなく、使い方を振り返ってみたり、まつ毛の根本から毛先までたっぷり付けていたかを再度確認してみましょう。

 

目元の汚れに注意

まつ毛美容液は、まつ毛の根本を中心に塗っていくのですが、これはやはりまつ毛の生えてくる毛穴に直接成分を届かせることが目的です。

そのため、まつ毛の生え際である目元が汚れていると、いくら美容液を使っても成分がうまく行き届きません。

また、汚れた目元は老廃物がそれだけ溜まっているということなので、強い毛が育つ環境ではないと言えるのです。

目元の汚れは、

  • クレンジングが不十分
  • 花粉やホコリの付着
  • 汚れた手で目元を擦ってしまう

ことなどが原因です。

特に、毎日化粧をする女性にとっては、クレンジングが重要事項となります。

忙しくて体が疲れていると、ついアイメイクなどの濃い部分はおろそかになってしまうものですが、落とし漏れやクレンジングのすすぎ漏れのせいで、まつ毛に不要なダメージを与えている可能性があることを知っておきましょう。

 

まつ毛美容液は効果ないのも、汚れが原因であるケースが多いです。

お肌でもそうですが、汚れがある状態で栄養を取ろうとしても、化粧水や乳液・美容液は全然浸透しませんよね。

それと同じように、まつ毛の生え際が汚れているとしたら…栄養の吸収どころか、まつ毛は抜けて減っていくばかりなのです。

まつ毛美容液を使う時には、しっかりとクレンジング洗顔をして清潔にしてからにしましょう。

ただ、目元を強くこすってメイクを落とすのは逆効果なので、目元のメイクはこすらずに指をしばらくあてて馴染ませる方法がオススメです。

お肌でも髪の毛での同じように、栄養を与えていれば良いというわけではありません。

風邪をひいたときでも、栄養たっぷりの肉や魚を食べるより、まずは内臓が休息できるおかゆやゼリーなどが美味しいように、マイナス方向に傾いた部分を治すことから始めなくてはいけません。

まつ毛周辺の汚れを取り除いて栄養を余すことなく吸収できる状態になってから、しっかりと与えてあげてください。

>>まつ毛が抜けるこんな原因、覚えはありませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ