日本人のまつ毛の長さや本数ってどれくらい?平均をチェック!

日本人のまつ毛の長さや本数は、他の国の人と比べると多いのでしょうか少ないのでしょうか。

同じ女性として生きていても、欧米の女の人の方が化粧映えもするし堀も深くて、さらに目元の印象が強い…というイメージがありますが、これはまつ毛の本数や密度、毛の質が違うことが理由です。

では、日本人のまつ毛の長さや平均の本数はどれくらいなのでしょうか。

自分のまつ毛の長さを計ったりと比べるのは難しいですが、興味深い結果があるので見てみてくださいね。

 

日本人と欧米人との違い

日本人形を見てみると、あまり目元にこだわって作られていないようなイメージがあります。

糸の様に細い目であったり、まつ毛はあまり描かれていないものが多く、どちらかというと丸みを帯びた頬や品の良い唇に目が行きます。

一方で、欧米で作られるビスクでできた人形や、子どもがよく遊ぶジェニーやバービーのようなホビーでは、目がパッチリと大きくてまつ毛がたくさん描かれています。

人形だからというわけでもなく、これは日本人と欧米人とのまつ毛の違いがよく現れているんです。

まつ毛の長さ

日本人のまつ毛の長さの平均値は6.8mmと言われていますが、これに対して欧米人の場合は8.1mmと1mm以上長さが違うんです。

マスカラでも1~2mm伸ばすことができ大分印象が変わることから、この差はとても大きいことが解ります。

1mmあたりの本数

日本人の場合は1mmあたりに映えているまつ毛の本数は約2.6本ですが、これが欧米人の場合は約3.4本と1本の差が開いています。

密度が大きいということは、それだけまつ毛が濃くて目元の印象を強く与えられるということに繋がります。

カール持続力

上記以外にも、欧米人特有の毛質によってまつ毛がより良い印象になっている要因があります。

それがカール持続力なんです。欧米人は目質にハリがあって強いので、ビューラーを使わなくてもきれいにカールしている人もいますし、カールの持続力が長いという特徴があります。

対して日本人の場合は、ストレートな毛質のまつ毛が多いので、カールを持続する力に乏しいのです。

 

まつ毛の成長速度に注目

日本人はまつ毛の長さも本数も、その毛質でも欧米人とは大きく異なる部分が多いです。

これはまつ毛の成長する速度にも言えることで、成長速度はなんと2倍も違うんです。

伸びる速さが2倍違うということは、生え変わるスピードがそれだけ違うということであり、たとえ抜けても新しい毛がすぐに生えてくるのですから、目元が貧相にならなくて済むのです。

とはいえ、『自分は日本人だから、まつ毛は短くて少なくて当たり前だ』と諦めてしまう前に、少しでも成長を促してあげるケアをしてあげましょう。

また、今あるまつ毛に余計な刺激を与えないようにし、抜けにくくしてあげることも、目元を力強く見せることに繋がっていきます。

そのためには、清潔にして毛を保護し、たっぷり栄養を取り入れて毛を成長させてあげることが何よりのポイントとなります。

人形のような理想のまつ毛を思い描いているのなら、毎日のケアをしてあげて現実のものにしていきましょう。

>>まつ毛が少ない・・・それってもしかしてまつ毛貧毛症?

⇒リバイブラッシュを安心購入するなら公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ