リバイブラッシュは妊娠中や授乳中でも使えるのか

妊娠中でも授乳中でも、いつもと変わらないように自分自身の“キレイ”には気を遣っていたいという方は多いのではないでしょうか。

でも、お腹に赤ちゃんがいる時や母乳を与えている時期というのは、何かを気を付けなければならないことばかりなので、化粧品に関しても『これは使ってもいいのかな?』と気になることがありますよね。

まつ毛美容液であるリバイブラッシュに関しても、妊娠中や授乳中に使っても大丈夫なのかと不安になる方がいるかと思いますので、その疑問に答えていきましょう。

 

リバイブラッシュは基本的にOK

リバイブラッシュ 妊娠

リバイブラッシュは妊娠中や授乳中であっても、いつも通りに使うことができるとユーザーへの回答にも記載があります。

目元に使ったからと言って、お腹の赤ちゃんに悪い影響を及ぼしたり、母乳に危険な成分が混ざってしまうことは無いため、妊娠中や出産後にまつ毛の悩みが増えてしまったというママたちも、安心してまつ毛ケアを継続していくことができるのです。

しかし、それでも使うのがちょっと怖い…という時には不安を抱えたまま使うよりも医師に相談をしてから、納得して使うようにしてください。

スキンケアなどでもそうですが、ケアアイテムに対して不安や疑問があるまま使っていても、効果が半減してしまいます。

何より、妊娠中に不要なストレスを抱える必要はありませんし、心配であるなら使わない方がいいんです。

また、使用できると言われたとしても、妊娠~出産後というのは通常よりも肌の状態が敏感になったりなど体調変化が激しいので要注意。

目元はそうでなくてもデリケートな場所なので、使っていて普段には無かった刺激を感じるようになったり、痛みやかゆみを伴うようになったときには、速やかに使うのを止めましょう。

リバイブラッシュは使用できるといっても、他のまつ毛美容液がそうとは限らないので、安易に使用せずにしっかりと使用可能かどうかを確認するようにしてくださいね。

 

妊娠中はシンプルが一番

妊娠してから出産するまで、そして授乳期というものは、ホルモンのバランスがどんどん変化してくために、お肌や髪の毛の調子もめまぐるしく変わるという経験をする人が多いです。

そうなるとやむを得ずいつも使っていたスキンケアやヘアケアを、変更しなくてはならなくなることもあります。

リバイブラッシュをこれまで使っていたという人で、妊娠中や授乳期に入ってから肌に合わなくなってしまったという時には、リバイブラッシュに代わるまつ毛のケアを探してみましょう。

 

おすすめなのは、赤ちゃんの全身の保湿にも使える「白色ワセリン」をごく薄く指先や綿棒に取ってまつ毛の根元になじませる方法です。

育毛成分は入っていませんが、まつ毛を保湿して刺激から保護する効果が期待できます。

つける時に眼球に油分が付かないように気を付けなくてはなりませんが、ワセリンであれば目元への刺激もなく、妊娠から出産後まで安心して使うことができますよ。

赤ちゃんのためにもママ自身のためにも、ストレスを感じることのないマタニティ生活を送っていくのであれば、まつ毛のケアも工夫して行っていきましょう。

>>リバイブラッシュの気になる安全性は?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ