どんな成分が入っているのか? 安全性が気になる……

まつ毛美容液でトラブルが起きている事例もあるようです。

リバイブラッシュに配合されている成分には問題が無いか、その安全性をチェックしましょう。

最初に結論を言ってしまうと、リバイブラッシュの成分には問題はありません。

リバイブラッシュの成分

 

まつ毛美容液には、緑内障治療薬の有効成分の副作用を利用したものと、アミノ酸が元になっているペプチドを利用したものの2種類あります。

医薬品の成分であるビマトプロストやロステノールアミドなど、プロスタグランジン系の成分を使っているものについては、効果こそしっかりでるものの、


・短期的には皮膚のかぶれを
・長期間使うことで皮膚が薄くなってしまいまぶたが垂れ下がってきてしまう

といった副作用が報告されているようです。

リバイブラッシュには、このプロスタグランジン系の成分が入っていないので、この点は安心です。

リバイブラッシュのまつ毛のボリュームアップ成分は、キャピキシルと呼ばれるもの。

内容はアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスです。

他に、

オリゴペプチド-24
アセチルデカペプチド-3
オリゴペプチド-41
オリゴペプチド-20

と、4種類のペプチドが配合されています。

ペプチドを使ったまつ毛美容液は、
副作用を利用したものと違い、まつ毛の毛母細胞にアプローチしてその成長を助けることでまつ毛のボリュームをアップさせます。

リバイブラッシュのようなペプチドの働きを利用したまつ毛美容液の場合、まぶたの皮膚が弱ければ、かぶれやかゆみなどがあるかもしれませんが、

医薬成分の副作用を利用したものと比べて長期間安心して使えるのが特徴です。

 

まつ毛は一定期間で生え変わってしまうので、一度ふさふさになったからといって使用をやめてしまうとヘアサイクルが回るにつれてもとに戻ってしまいます。

そのため、長いお付き合いになるので、できるだけ安全なものを使いたいですね。

リバイブラッシュの成分としては、キャピキシルと4種のペプチド以外にも、8種類の美容補修成分が配合されています。

プロビタミンB5やムチンなど、ヒアルロン酸、コラーゲンなど普通に使われている成分なので、こちらについても心配いらないですね。

>>副作用についてはどうなの?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ