まつ毛美容液で色素沈着が起こる!?その原因を詳しく知りたい

まつ毛美容液で色素沈着が目元に起こることがある…と言われていますが、その原因は一体何なのでしょうか。

ひとつには、配合されている成分によって目元み影響が出ることが挙げられますが、どんな成分が色素沈着の原因となるのか、また目元をくすませるダメなポイントについても詳しくまとめてみました。

これからまつ毛ケアを始めるという方は、心配事を残した状態でまつ毛美容液を使わないよう、きちんと疑問点や不安を解決しておきましょう。

 

色素沈着を起こをす成分

まつ毛美容液で色素沈着が起こってしまう場合、多くの場合は配合されている成分に問題があります。

その成分として注意しておきたいのが「ビマトプロスト」という成分で、別名ではプロスタグランジンとも呼ばれています。

緑内障を治療する成分についてのページでも説明していますが、ビマトプロストは緑内障治療の有効成分であり、その副作用として育毛効果が出たことから、配合しているまつ毛美容液も存在しているんです。

でも、どうして育毛効果が見られる成分というだけなのに、色素沈着が起こってしまうのでしょうか?

それは、ビマトプロストはメラニンを作りだすための工場である“メラノサイト”に働きかけて、メラニン生成を促進させてしまうという作用があるからなんです。

メラニンは通常であれば紫外線を浴びた時や、刺激のある物質から肌を守ろうとして作られるのですが、ビマトプロストは無意味にそれを促してしまうため、まつ毛美容液を使っていて目元がくすんだり、特に目尻部分に色素沈着が起こるというわけです。

色素沈着が起こったからと言って他に悪影響があるわけではありませんが、くすんだ目元ではせっかくまつ毛が増えてもメイクが生えませんし『老けて見える・疲れて見える』という原因にもなります。

また、まつ毛美容液で色素沈着が起こるのと同時に、目の充血や痒みにまで発展する可能性もあるので、そういった時にはしっかり経過を観察しておいてくださいね。

>>まつ毛育毛剤で緑内障治療薬成分使用のものにはご注意を

 

こんな行動が色素沈着を起こす

使っているまつ毛美容液にビマトプロストが入っていなかったとしても、目元に対して行う行動によっては色素沈着を引き起こす可能性は多大にあります。

例えば、まつ毛美容液が肌に合わなかった時などに、もったいないからと言って無理に続けようとすると、それだけで痒みや刺激が目元に与えられます。

すると、その刺激によってメラニンがたくさん発生してしまい、何もしていないのにも関わらずいつのまにかくすんでいた…なんてことになりかねません。

また、痒みを感じた時に強く目元を擦ったり掻くだけでも、目元がくすんで色素沈着を起こす原因になりますし、この時メイクをしていたとすると、そのメイクの色素も一緒に皮膚にすり込んでしまうことにもなり、余計にくすみのレベルが酷くなります。

肌に優しい成分だとしても、ビマトプロストなどの緑内障治療成分が入っていなかったとしても、肌に合わないのに無理に使ったりするのは避けてほしいところです。

まつ毛美容液で色素沈着が起こる原因というのは、このように自分が気を付ければ最初から避けて通ることができる場合が多いです。

まつ毛を育てないのに、他のトラブルを引き起こすことの無いように気を配っていきたいものですね。

>>リバイブラッシュ女王TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ